「ブライダルエステティシャン」

結婚式を支える人達

結婚式は女性にとっても男性にとっても一生に一度あるかないかの晴れ舞台です。
そこにかける情熱は男性よりも女性のほうが強いような気がします。

勿論男性の中にもそうした人はいるのかもしれませんが、やはり絶対数としては女性のほうが多いのではないでしょうか。
この結婚式は新郎と新婦だけでは成り立つものではなく、そこには様々な人達が協力して成り立っています。

結婚式場のスタッフは勿論ですが、ウェディングプランナーやブライダルエステティシャン、ブライダルスタイリストにフットセラピストなど、挙げたらきりがありません。
私は以前からブライダルエステティシャンになりたいと願っており、今でも転職を考えているのですが、こうした結婚式に関連する仕事に就こうと考える女性は多いようです。

ブライダルエステティシャンは結婚式を目前に控えた花嫁を最高の姿で式に送りだすスペシャリストです。
ドレスから覗く肌を綺麗に美しく仕上げ、ドレスを美しく着こなす為の痩身を行い、更に結婚前で不安になりがちな花嫁の心のケアも同時に行うという素晴らしい仕事だと思います。
厳しくて難しい世界ではありますが、やりがいはとてもある仕事で、誇りも持てる仕事だと私は感じています。

結婚式に関連する仕事は何もブライダルエステティシャンばかりでなく、先程挙げたブライダルスタイリストなどもそうですよね。
ブライダルスタイリストは結婚式や披露宴の際に新郎新婦が着る服を提案したり、トータル的にコーディネートをする人の事です。

ウェディングドレスなどは当然の事ながら普段着慣れていない為、なかなか明確なイメージが湧かないと思います。
その為新郎新婦の意見などを聞きながら、よりよい提案をしてトータル的にプロデュースするのがブライダルスタイリストの仕事なのです。

またウェディングプランナーという仕事もあります。
これは、結婚式をトータル的に作りあげるのがその業務で、挙式に必要な物の手配や打ち合わせなどを全て行います。
挙式の当日は関連部署への連絡や打ち合わせを行い、全て完璧にした状態で新郎新婦を迎えるのです。

結婚式を総合的に作りあげるのが業務のウェディングプランナーは、ブライダルコーディネーター、ブライダルプロデューサーなどと呼ばれる事もある非常に重要な仕事です。

人を喜ばせるのが好きな人や、面倒見の良い人などがこの仕事には向いていると言われています。
将来性もある仕事のようで、人気もあるようですね。