「ドレスコーディネーター」

やりがいを感じる仕事

仕事の面白さを感じるところ

なかなか気に入った衣装が見つからなく悩んでいた新郎新婦が、自分の提案したドレスを気に入ってくれた時にやりがいが感じられます。
主役となる新郎新婦を素敵に輝かせることができた時、とても仕事の楽しさが感じられるでしょう。
自分が持っている知識やセンスを提供することで、より魅力的な結婚式になり新郎新婦だけではなく参列する家族・友人の方々まで喜んでもらえた時には自分にとっても幸せになります。

花嫁のドレスは一生思い出に残るとても大切なもの。
それだけに、自分の魅力を最大限に引き出してくれる「理想の一着」に出会えることが望まれています。
ドレスコーディネーターがそのような一着を提案できれば、最高の笑顔と感謝の言葉に出会うことができるでしょう。

やりがいはあるが大変なことも

一生に一度の大切な記念日に着るドレスを選ぶことは大きな責任をともないます。
結婚式ではメインともいえる重要なアイテムのため、ドレスコーディネーターのプレッシャーもとても大きいでしょう。
ですが、花嫁の魅力を引き立て式の雰囲気を一層華やかにするドレスに納得してもらえた時の喜びはひとしおです。

また、新郎新婦の希望を聞くだけでできる仕事ではありません。
希望に沿うようにヘアメイク・アクセサリー・ブーケなどをトータルコーディネートしなくてはならないからです。
流行やその人に似合うかどうかも見極めて提案する必要があるため、常に勉強や情報収集を続ける努力は大変ですが欠かせません。

ニーズの多様化により将来性も

これまでのような形式の決まった式よりもオリジナルの結婚式を選ぶ新郎新婦が増えてきています。
また、マタニティの花嫁も多くなりドレスのニーズも多様化しています。

「体型をカバーしてキレイに見せたい」「体に負担をかけないドレスが選びたい」など、その人ごとに希望が違います。
それらに合わせたコーディネートができる人ほど、プロとして必要とされるといえます。

個人の希望を中心とした式が選ばれることから、柔軟に希望に合ったコーディネートをするためのプロの力が欠かせません。
オリジナルの結婚式とはいえ、主役二人の家族や参列者にとっても納得のいくものでなくてはならないでしょう。
周囲とのバランスも調整する力のあるコーディネーターは今後もますます求められるといえます。

結婚や育児でお休みしても復帰しやすい職場

実務経験を積んで、結婚や育児のためにドレスコーディネーターの仕事を休業したとしても、再び復帰が可能です。
経験が豊富で優秀な人ほど全国から求められているため、ブランクとは関係なく再就職ができるでしょう。
しかも、結婚や育児で人生経験を積んだことでさらにアドバイスできる幅が広がっており、頼りにされるはずです。