結婚式場

宮の森フランセス

宮の森フランセス の魅力をお話ししましょう。
理想の結婚式は何かということを追い求めて案外宮の森フランセス に辿り着いたという人たちも多いと聞きます。

雰囲気満点の大聖堂が魅力

宮の森フランセス の一体何処に大きな魅力が備わっているのでしょうか。
宮の森フランセスを見た人たちにはそれが一目瞭然です。

見た目を裏切る結婚式場で誰も結婚式をあげたいなんて考えるはずはありません。
1000本のバラが真紅のバージンロード、そのの光景にこの瞬間が一番幸せなんだと実感することが出来ます。

結婚式とは歴史の重さがあり、今後その重みとともに生活していかなければならないという自覚もこの結婚式場で体感するでしょう。
ここは南フランスの教会を移築して誕生した大聖堂です。

雰囲気も満点、歴史の重みもいい感じでずっしりと響き渡っています。
そして既にこの結婚式場では15,000組をも超えるカップルを幸せへと導いてきました。

中世初期から使われていたというシャンデリア

中世初期から使われていたシャンデリアにまずはうっとりしてください。
このシャンデリアは、もともとは、教会や修道院で使用されていたもののようです。

以前は、木製の十字架に、ロウソクを立てていたということですが、やはり危険といえば危険です。
なので、ガラスが主流となり、そのキラキラ感もまんざらではありません。

そのキラキラ感こそ陶酔する要因です。
このキラキラが新郎・新婦を美しく照らしてくれることも間違いはありません。

宮の森フランセスには灯りの美学があります。
宮の森フランセスへ来たらキラキラの数を数え上げてみてください。

北海道札幌にある

そしてやっぱりこの結婚式場の魅力といえば、場所が北海道札幌ということです。
正確に住所は北海道札幌市中央区宮の森3条10丁目3-25です。

北の街で、キラキラに包まれて結婚式というのは、やはり多くのカップルが考える理想です。
理想は結構手軽な感じでここで実現出来てしまうのです。
現在、宮の森フランセス教会は大人気です。

宮の森フランセス教会の評判

夏でも、冬でも宮の森フランセス教会はしっかり北の大地にフィットしていてくれます。
自然と調和して、輝きと調和し、更に新しい3Dマッピングなどのパフォーマンスも最高です。

披露宴会場内にパンを焼く窯があって、ゲストへと披露宴が始まる前に配られるというのも北の大地ゆえわざとらしくもない素敵な演出と感じるのではないでしょうか。
気になる料理はどうでしょうか。
見た目も楽しく、美しく、そして味もしっかり満足出来るデキです。

基本はフレンチであり、和のテイストもしっかり詰まっているという感じです。
結婚式には高齢者の方々も多く出席する為、そのような方々への配慮もしっかり感じ取ることが出来ます。