「ウエディングプランナー」

アルバイトプランナーの夢

世の中には色々な仕事がありますが、その中には最初から出来るような仕事ではないものもあります。
いわゆる職人の世界はそうですよね。
職人と聞くと、大工や板前、美容師などが思いつくと思いますが、正にその通りで、これらの職業はその仕事についたからといってすぐに仕事を任せてくれるわけではありません。
美容師ならば最初は洗髪や掃除だけ、大工なども最初は掃除や道具の手入れだけの場合が多いのです。
私がなりたいと思っているブライダルエステティシャンなどもそうです。
いきなり最初からお客さんの施術が出来るはずもなく、最初は見習いやアルバイトとして雑務をこなしながら仕事を覚えていくというのが普通です。
ウェディングプランナーなどもそれと同じだと思います。
アルバイトとしてまずは雇って貰い、それから徐々に仕事を覚えていき、やがては正社員にして貰って本格的なウェディングプランナーの仕事をこなしていく、というのが理想の流れですね。
実際ウェディングプランナーになりたいと願う人は最初アルバイトとしてホテルなどに雇って貰うケースが多いようです。
そこで実務をしながら、正社員になれるチャンスを伺い正社員になってから本格的にウェディングプランナーを目指すというケースが多いようですよ。