「ブライダルエステティシャン」

結婚式を演出するエステ

結婚式を控えた女性は幸せに溢れていますが、それと同時に非常にナーバスになっていたり、精神的に不安定になる場合もあります。
マリッジブルーという言葉もあるように、結婚前になると幸せな気持ちだけではなく色んな気持ちが渦巻いてしまうものなのです。

ブライダルエステティシャンという仕事は、花嫁をそれまでで一番美しく綺麗な状態で式に臨ませるというのが最大の目的ですが、カウンセリングなどによって心のケアもする必要があると思うんです。

勿論これは私の持論であり、他のブライダルエステティシャンさんがどう考えているかはまた別問題です。
基本的にはブライダルエステティシャンというのは、結婚式を控えた女性に施術を行い、肌を最高の状態に仕上げる事を業務としています。

普通のエステティシャンとブライダルエステティシャンの違いというのは意外と知らない人も多いですが、エステティシャンというのは総合的な肌の手入れやケアをする人の事を指します。

それに対しブライダルエステティシャンというのは、結婚式に臨む女性の為の施術を行う人の事を指すのです。
結婚式では花嫁は当然ウェディングドレスを着ていますよね。

そのウェディングドレスから見える部分の肌などを最高の状態に仕上げるのがブライダルエステティシャンの業務です。
普段はあまり露出しない背中や腕といった部分をケアするので、普通のエステティシャンとはまた違ったスキルが必要となるのです。

またボディケアだけではなく、ドレスを美しく着る為に痩身エステを施したり、フェイシャルトリートメントを行ったりもします。
通常のエステとは違い、ブライダルエステの場合は時間が限られています。

その限られた時間の中で最高の結果を出す必要があるのでブライダルエステティシャンの求められるスキルは非常に高いものが要求されます。

気になる部分というのも人それぞれなので、カウンセリングなどもとても重要です。
通常のエステでもカウンセリングは必要ですが、ブライダルエステの場合のカウンセリングはさっき述べたようにもっと重要です。
肌の悩みやアレルギーなどを聞きだすのは勿論重要です。

そういったチェックを怠ったばかりに肌のトラブルで式が台無しになるという事は絶対にあってはいけません。
結婚式前の新婦はナーバスになる事も多いので、それをカウンセリングで癒す事の出来るスキルもブライダルエステティシャンには必要です。
些細な事でヒステリーを起こしたり、突然泣き出してしまう女性も中にはいるので、そうした際にも適切な対処が出来るような女性でないとなかなかブライダルエステティシャンという仕事を続けていくのは難しいかもしれませんね。

私はそれを踏まえた上でどうしてもブライダルエステティシャンという仕事に就きたいと考えています。
他にも結婚式に関連した仕事はいくつもありますが、どうしてもブライダルエステティシャンになって、花嫁の心と体を綺麗にしてあげたいと真剣に考えています。

その為には何をするべきかというのはこれから少しづつ学んでいきたいと考えています。
とにかくまずはブライダルエステを行っているエステ店への転職をしなくてはいけませんね。

とりあえずそれをしなくては技術も磨けませんしね。