「つれづれに」

結婚式に関係する仕事

世の中には様々な職業がありますよね。
人によってどんな職業に就くかは実に様々なのですが、小さい頃から憧れていた職業に就いている人などは本当に凄いなと思ってしまいます。

私の友人などは小さい頃から警察官になりたいと言っており、実際今では警察官として働いています。
また仲の良かった幼馴染は弁護士になりたいと言ってたのですが、その言葉通り今では弁護士の卵として働きだしました。
ある意味有言実行というのでしょうか、本当に素晴らしいなと思います。

ちなみに、子どもがどういう職業に就きたいのかというアンケートを調べたのですが、女の子はパティシエや保育士さんに憧れているのだとか。
参考:将来就きたい職業

私はというと、どうしてもブライダルエステティシャンになりたいのですよね。
ちょっと変わっている夢かもしれません。

ブライダルエステティシャンという仕事は、新婦さんを最高に綺麗な状態で一生に一度の晴れ舞台に送りだすというとても誇りの持てる仕事だと思っています。

元々結婚式のようなおめでたい催事に関われる仕事に興味はあったのですが、何故その中からこのブライダルエステティシャンという仕事を選んだのかというとそれにはきちんと理由があります。
それは、学生の頃に招待された従妹の結婚式がきっかけでした。

私と少し歳の離れていた従妹のお姉さんの結婚式に行った際、そこで見たお姉さんはとても美しく輝いていたんですよね。
勿論ウェディングドレスの効果もあったのかもしれませんが、それ以上にお姉さんがとても輝いて見えたんです。

どうしてかなとずっと不思議だったんですが、二次会の席でお姉さんと話をしていると、どうやら結婚式の二か月くらい前からブライダルエステに通っていたらしいのです。
そこのブライダルエステティシャンの方がとても良い方で、とても親身に良くしてくれて、最高の状態にしてくれたと喜んでいました。
勿論お姉さんの旦那さんになる人も喜んでいましたし、招待客の人もみんなお姉さんを見て綺麗だと言っていました。

こんなにも沢山の人の心をとらえる事の出来る仕事って凄いなって思ったのが最初です。
そこからはブライダルエステティシャンについて色々と調べながら今に至っています。

高校を卒業したらすぐにでもブライダルエステティシャンになるつもりだったのですが、両親に反対された為に短大に進学し、今は都内でOLをしているのですが、今また真剣にブライダルエステティシャンを目指そうと考えています。

結婚式に関係する仕事は色々ありますが、その中でも私にとってブライダルエステティシャンという仕事は本当に神聖なもので、これ以上の仕事は考えられないのです。

なりゆきで今は都内でOLをしていますが、それでも毎日家に帰ってはブライダルエステティシャンについて勉強をしたりしています。
ブライダルエステティシャンは決められた時間を有効に使って新婦さんを美しく仕上げ、尚且つ絶対にミスは許されない仕事です。
大変な仕事だとは思いますが、だからこそやりがいがあると思うんですよね。

勿論結婚式に関係する仕事でもっと大変な仕事や、やりがいのある仕事はあるかもしれません。
しかし、今の私にはブライダルエステティシャンという仕事以外に結婚式に関係する仕事というのは考えられないのです。

とりあえず早く転職先を探したいですね。
高度な技術を要する仕事なので、とにかく技術を身につけない事にはどうにもならないですからね。