「ブライダルエステティシャン」

エステティシャンの将来性

結婚式に関連する仕事に就きたい女性は少なくなく、多くの女性が結婚式などの祭事に関連する仕事を職業にしたいと考えているようです。

確かに結婚式などはとてもおめでたい事なので、そういった事に関われるだけでも素敵ですよね。
私もそう考える女性の一人で、どうしてもブライダルエステティシャンになって新婦や新郎の喜ぶ顔が見たいと思っているのです。

ブライダルエステティシャンの仕事は、結婚式までの決められた時間の中で花嫁を今までで最高に美しく仕立てあげる事で、尚且つ結婚前で不安定になりがちな花嫁の心のケアをするのもブライダルエステティシャンの仕事です。

とても重要な仕事で、誇りを持てる仕事だと私は思っています。
肌をただ綺麗にするだけであれば普通のエステティシャンでも充分可能なのですが、ブライダルエステティシャンに求められるのは決してそれだけではないのです。

ブライダルエステティシャンに求められるのは高い技術や話術、そして相手を気遣う心です。
ブライダルエステティシャンの仕事で私が最も重要だと考えているのがカウンセリングです。

このカウンセリング時に花嫁の肌の事は勿論、不安な心の闇などを聞きだして、それをケアするような対応をしていかなくてはならないと考えています。

身体面と精神面、その両方をケアしていく必要のある、とても遣り甲斐があって素晴らしい仕事です。
最高の結婚式にはブライダルエステティシャンの腕も大きく関与していると言えるでしょう。

そんなブライダルエステティシャンの将来性はどうなのかと一度考えた事がありますが、基本的にブライダルエステティシャンというのはエステティシャンとしての技術の上に成り立つものなので、普通のエステティシャンとして働く事も可能です。

また、化粧品メーカーやヘアサロン、美容室などで活躍する事も可能なのです。
以前はブライダルエステを利用するという人はごく一部でしたが、今では実に多くの女性がブライダルエステを実践しているので、これから先もニーズはあると思います。

手に職という言葉がありますが、女性にとってブライダルエステティシャンは正にそういう仕事ではないでしょうか。
結婚を控えた花嫁を美しく仕上げ、その心にも癒しを与え、結婚式そのものの成功を手助けするというブライダルエステティシャンは私の中で最高の仕事であり、誇りを持つ事の出来る仕事です。

更に将来性もあるとなればもう何も言う事はないのでは。