「フラワーコーディネーター」

結婚式場で花を彩る

結婚式には実に様々な職業の人が力を合わせて成功するように努力します。
主役である新郎新婦を最も輝かせる為に、そしてゲストの方が満足して帰っていけるように沢山の業者が力を合わせるのです。

その中には勿論ウェディングプランナーも含まれます。
私がなりたいブライダルエステティシャンは、結婚式の当日までに花嫁を最高の形にするのが仕事ですが、ウェディングプランナーなどは結婚式の最中にも決して気を抜く事が出来ないのです。

ウェディングプランナーの仕事は多岐に渡り、そして責任も重大です。

ウェディングプランナーは結婚式を総合的にプロデュースし、最高の形で終わらせるのが仕事です。
プランを練るのは勿論、式に必要とされるものを手配したりするのもウェディングプランナーの仕事ですし、新郎新婦の要望や両親の要望などを聞いてオンリーワンの結婚式にするという願いを叶えるのもウェディングプランナーの仕事だと言えるでしょう。

結婚式に関わる仕事では他にもブライダルスタイリストなども挙げられます。
ブライダルスタイリストは、新郎新婦が式や披露宴で着用する服をトータルでコーディネートするのが仕事です。
周りの調和なども考えなくてはいけないのでとても重要な仕事です。

また普段から着慣れないドレスやタキシードなので、プロとしての適格なアドバイスをしなくてはいけません。
ファッションセンスは勿論ですが、接客の仕事でもあるのでそれなりのマナーなども心得ておかなくてはいけません。
当然知識も必要となるのは言う間でもないでしょう。

フラワーコーディネーターという仕事も結婚式には欠かせない存在です。
他の仕事に比べて若干聞いた事がないかもしれませんが、この仕事も結婚式には欠かせない仕事です。

フラワーコーディネーターの中でも、結婚式に関する業務を行うブライダルフラワーコーディネーターという仕事は、新郎新婦から話を聞いて、会場に花を飾り付けたり、ブーケやコサージュの製作も行うのです。

とにかく花に関するスペシャリストというのがこのフラワーコーディネーターです。
とても華やかな仕事と思いきや、実はとても裏方業務が多いという事らしいです。

式の最中に花がしおれたりしていないか、またはその維持、式が終わった後は飾り付けた花の回収や片付けなど、その業務は実に多くなっています。
式の一ヶ月前には新郎新婦と打ち合わせを行い、ドレスの色に合った花などを提案し、それをブーケにするプランを立てたり、予算の確認を行ったりもします。

フラワーコーディネーターに求められるスキルは何と言っても花に関する知識でしょう。
それも日本の花だけでなく、世界に目を向けた知識も必要となります。

フラワーコーディネーターの仕事場は結婚式場でなく、オフィスやホテルの空間、パーティーなど多岐に渡ります。
その為いついかなる花を使用するか分からないので、花に関する知識には高い知識が求められます。

こうした背景を受けて資格も登場していますから、希望する方は取得すると良いかもしれません。
参考:ブライダルフラワーコーディネートの資格

また、自分の好みやセンスで仕上げる事もありますが、基本的には顧客の要望を聞いてそれに応じたアレンジを施さなくてはいけないので注意が必要です。
美的センスは必要ですが、顧客の要望に応じ顧客が満足いくように仕上げる事が出来なくてはプロのフラワーコーディネーターとは言えないでしょう。

花に関する知識の他にも、花の扱い方、長持ちさせる為の方法や四季における花のサイクル、次期によっての花の価格、仕入れなどの知識も必要となってきます。

フラワーコーディネーターはすぐにその業務に就けるわけではなく、まずはフラワーショップなどで知識を学んでいく必要があります。
知識を学びつつ、フラワーコーディネーターの求人などを探せば良いのではないでしょうか。