「ウエディングプランナー」

プランナーになるには

結婚式は女性にとって一生に一度の大イベントであり、最高の晴れ舞台でもあります。
そんな女性にとっての最大のイベントを成功させる為に様々な職業の人が影で力を与えているのを忘れてはいけません。
私が憧れているブライダルエステティシャンも正にその職業の一つです。

ブライダルエステティシャンは花嫁を挙式までの限られた短い時間の中で、最も美しく輝かせるのが仕事です。
ブライダルエステティシャンの仕事はドレスから見える肌の手入れやケアだけではなく、心のケアもブライダルエステティシャンの仕事です。

勿論これは明確にそう決められているわけではないのですが、私は常々そう思っています。
結婚式を控えた花嫁というのは通常とは精神状態が異なります。

マリッジブルーという言葉を聞いた事がある人は多いと思いますが、結婚を控えた女性というのは精神的にナーバスになっていたり、不安になっていたりするものなのです。

これからの生活の事、相手の両親との事、子供の事などを考えるとどうしても普段のような落ち着いた精神状態にはなれないのでしょう。
ブライダルエステティシャンはそうした女性の心も包み込んであげる必要があるのです。

ただボディケアを施すだけであればそれは普通のエステティシャンでも可能です。
しかし、ブライダルエステティシャンはエステティシャンと同じではダメだと思うのですよ。

ボディケアは勿論の事、そうした精神面のケアも出来て初めてブライダルエステティシャンだと言えるのだと思います。
ブライダルエステティシャンは結婚式を控えた女性にとってとても重要になる職業だと思いますが、他にも結婚式に関する重要な仕事はいくつも存在します。

その代表的なものがウェディングプランナーです。
このウェディングプランナーという仕事は実に多岐に渡っているのですが、簡単にいうと結婚式や披露宴の総合プロデューサーです。
つまり、結婚式や披露宴が上手くいくか失敗してしまうかはこのウェディングプランナーにかかっていると言っても過言ではありません。

結婚式のプランを話し合って決めるのは勿論ですが、それに付帯する全てのものを手配し、結婚式や披露宴が円滑に進むように気を配り、結婚式や披露宴を総合的に成功させる事を業務とするのがウェディングプランナーなのです。

とても責任重大な仕事で、ブライダルエステティシャンよりもその責任は遥かに大きいと言えるでしょう。
このウェディングプランナーになるにはウェディングに関する高い知識は勿論の事、話術や頭の回転、更にウェディング以外にも様々な知識が要求されます。

ウェディングプランナーには国家資格はないのですが、民間の資格はあります。
そういった資格を取るのも一つの手だと思いますし、ウェディングプランナーの専門学校というのもあるので、そこで知識などを学ぶという手もあります。

最近では通信講座で資格取得の勉強が出来るものもあるので、そういったものも調べてみると良いかもしれません。
たとえば、ヒューマンアカデミーさんでもウェディングプランナーのコースを開講しています。
参考:ウェディングプランナーの資格

ホテルやブライダルコーディネートの会社に就職して働きながら実務を覚えるという手もあります。
恐らくこれが一番多いのではないでしょうか。

ただ、表だってウェディングプランナーの求人を出しているところは少ないので、学校に通って資格を取り、学校を通してウェディングプランナーとなるのが近道になるのかもしれません。

ホテルなどに就職した場合でも、最初からウェディングプランナーとして働ける事は少ないので、ある程度実務を積んでからという事になる事が多いでしょう。

最初からウェディングプランナーの業務が出来ないと腐るのではなく、その間に色々な知識を身に付けるように努力する事が重要ではないでしょうか。

また結婚式は多様化してきています。
グローバル化に進んでいることで多国籍の方が利用する機会も増えています。そのためにも英語力が必要になる瞬間があります。そういったときに、短期留学だけでもしておくといざという時に自分のスキルになります。
高校生ならアメリカ留学をして大学に進学する際にサポート支援が受けられますので、これから自分の視野を広げるためにもアメリカ留学をしてみるといいのかもしれませんね。

高校生のアメリカ留学について詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。
参考:高校生のアメリカ留学・大学編入ならNCN米国大学機構