「ウエディングプランナー」

ウェディングプランナー

結婚式に関連する仕事は沢山存在します。

私がなりたいと切望しているブライダルエステティシャンもそうですが、他にも結婚式に関連した仕事というのは沢山あるのです。
その中には普段あまり聞きなれないような職業も含まれており、結婚式というものには色々な職業の方が関わっているんだなとしみじみと感じてしまいます。

私がなりたいと思っているブライダルエステティシャンは、普通のエステティシャンとは違い、結婚を目前にした花嫁を式の当日までに最高の姿にするというのが仕事です。

その為にブライダルエステティシャンは神経を集中させて花嫁に施術を行い、美しさを際立たせていきます。
背中や腕といった、普段はあまり外部に露出しない部分を集中的にボディケアするというのは非常に難しく、高度な技術を要します。

そう、ブライダルエステティシャンには常に高い技術が要求されており、しかも失敗は絶対に許されません。

失敗はすなわち結婚式を台無しにしてしまう恐れもあるのです。
一生に一度かもしれない結婚式を台無しにしてしまうという事はとんでもない事であり、決してあってはならない事なので、ブライダルエステティシャンは一瞬たりとも気が抜けないのです。

ブライダルエステティシャンはカウンセリングも大事な業務で、花嫁から体質やアレルギーの事を聞きだし、更に結婚前で不安になりかけている方には心を癒すようなケアも行わなければなりません。

これがきちんと出来るかどうかで一流のブライダルエステティシャンかどうかが決まってくるのです。
ブライダルエステティシャンの他に、ウェディングプランナーという仕事がありますが、これもブライダルエステティシャンと同じく結婚式には必要な職業です。

ウェディングプランナーの仕事は簡単にいうと結婚式のトータルプロデュースです。
結婚式や披露宴を行う場合には、挙式のスタイルや引き出物、ケーキなど、決めなけらばいけない事が実に沢山あり、なかなか新郎新婦だけでは無理な事もあります。

それを手助けしてくれる存在がウェディングプランナーという仕事です。
良い結婚式を作り上げる為に、新郎新婦やその両親、親族にどういった挙式にしたいのか、どういった披露宴にしたいのか、更には要望や予算などを聞いて、最適なプランを立て、その後も打ち合わせを重ねていき最終的なプランを決めます。

新郎新婦や家族もプランに納得がいったら、そのプランを元に必要となる物を全て手配します。
料理や衣装、花、会場、招待状など、ありとあらゆるものを手配するのもウェディングプランナーの仕事です。

この仕事はとにかく人の話をよく聞いて理解し、すぐに良い提案を発言しなくてはいけないのでそれなりに高いスキルが要求されます。
聞き上手であるのは勿論の事、頭の回転の良さも重要視されます。

とてもクリエイティブな仕事ではあるのですが、大変な面もあります。
結婚式や披露宴というのは新郎新婦にとって一生に一度あるかないかの大きなイベントです。

当然失敗は許されず、その為結婚式や披露宴のトータルプロデューサーであるウェディングプランナーには大きなプレッシャーがのしかかります。
中にはプレッシャーのあまり胃を悪くしたりする人もいるようなので、あまりにも神経質な人や精神的に弱い人はあまり向いていないのかもしれませんね。

新郎新婦や家族からの要望というのも人により様々なので、常に臨機応変に対応できる能力も必要となってきます。
やりがいもある上に将来性もある仕事なのですが、それだけ難しい仕事であることは間違いないようです。